Presents By BeePlus Systems Co.,ltd.
BizCan 少数精鋭企業のためのIT活用とWebマーケティングマガジン
お問い合わせはコチラから
戦略的Web活用IT環境を整える会員企業紹介メールマガジンBizCanブログTOPICS
 
 
住まいづくりの品格 スクラップ&ビルドシステムの終焉 [Kindle版]

価格:¥1,200(税込)
著者:玉水新吾、都甲栄充
発売日:2013年8月18日

■概要

 本書の内容は、35年以上にわたって、住宅の施工にたずさわってきたベテラン技術屋から、初めて家を建てる人へのメッセージです。
日本の住宅には、世界でも類を見ない、独特のシステムが形成されています。それは、建物を30年で、使い捨てにする、「スクラップ&ビルドシステム」です。30年の住宅ローンを組んで、新築してわずか30年経過後には、解体撤去して、大量の廃棄物となって、環境に害を与えています。そして再度新築して、新たな30年ローンの支払いが始まります。日本人は世界的には裕福なはずです。ここに生涯にわたって、住宅ローンを支払い続ける日本人にとって、豊かさを実感できない原因が、凝縮されています。
  住まいづくりの目的は、家族の幸せのためです。家族の幸せという目的を実現するための手段として、住まいをつくります。参加型で、時間をかけて、計画に着手し、家族で納得を確認し合ってから、契約するべきです。通常の住宅は、100年以上の構造耐力があります。建物のメンテナンスを適切に行い、悪いところだけを更新していくと、建物は半永久的にもちます。そのためには住まい手の強い意識が必要となります。住まい手が、購入するのではなく、住まい手とつくり手が、一緒につくり上げて、育てていくべきものです。
20世紀は、物質の豊かさを求めて、大量に生産・消費・廃棄した時代であり、実現しました。その豊かさを大事にして、21世紀は、真の心の豊かさを求める時代になります。そのために、住まいづくりの考え方を公開します。この基本的な考え方を間違えると、人生の豊かさに悪影響を及ぼすことになります。建築主としての勉強を始めましょう。建物を契約する1年以上前から準備期間が必要で、この準備期間は、効率を重視して短縮してはいけないものだと思います。
勉強を始めるのは、今でしょう!
読者層
初めて家を建てようとする人

 
■目次

第1章 住まいづくりの基本的考え方
日本の住宅の建物としての特殊性/Global Rich List/日本の豊かさの中で/日本住宅ストック更新期間/日本の住宅はなぜ急いで取り壊すのか/経済成長と年収/住居コストのバランス/スクラップ&ビルドシステムの終焉/ライフサイクルエネルギー削減/スケルトン&インフィルの考え方/日本人はメンテナンスをしないできない/既存住宅とリフォーム/人口ピラミッドと空き家率
第2章 住まいづくり契約前
契約とは/計画期間と納得感/建物の保証期間/参加型とお任せ型/W・RC・S構造の違い/建物形状とデザイン/設計事務所・ハウスメーカー・地元工務店の違い/設計者・施工者・工事監理者の3者の立場/クレーム/別途工事の確認/地盤調査/基礎補強方法/構造強度/化学建材の使用/木材の含水率/断熱と気密/開口部/ガラスの防犯性能/コンクリートひび割れ/外壁通気/値交渉/支払い条件/外構
第3章 住まいづくり工事中
目的は現場を順調に進めること/着工打ち合わせ会/工事担当者とは24時間携帯電話/着工式/着工前の近隣挨拶/地鎮祭/着工後の追加変更/基礎補強と基礎の施主確認/大工との出会い/職人との接し方挨拶/茶菓子の差入れ/上棟式/職人の責任者表示/施主紹介写真掲示/工事中の写真撮影/工事写真アルバム/雨仕舞い/やり直し工事の対応/許容範囲/施主竣工立会い/竣工から引渡しまでの期間/建物引渡し式/設備機器の取扱い説明
第4章 住まいづくり引渡し後
入居後のお礼状/竣工パーティー/メンテナンスへの引継ぎ/アンケート回答/暑中見舞いと年賀状/経年劣化/定期点検/結露/排水/掃除中の気付き/メンテナンスフリー/住まいのホームドクター/家歴書

 
■著者紹介

玉水新吾
1953年京都市生まれ、名古屋工業大学建築学科卒業後、1976年から大手住宅メーカーにて、技術系の仕事全般を34年経験。現在は独立し、1級建築士事務所「ドクター住まい」主宰、大阪地裁民事調停委員、
HP:ドクター住まい http://doctor-sumai.com/
資格:1級建築士・1級建築施工管理技士・1級土木施工管理技士・1級造園施工管理技士・1級管工事施工管理技士・宅地建物取引主任者・インテリアプランナー・インテリアコーディネーター・コンクリート技士・第1種衛生管理者
著書:「現場で学ぶ住まいの雨仕舞い」・「建築主が納得する住まいづくり」・「写真マンガでわかる建築現場管理100ポイント」(以上 学芸出版社)、「DVD講座雨漏りを防ぐ」(日経BP社)

都甲栄充
1949年北九州市生まれ、明治大学工学部建築学科卒業後、大成建設㈱で18年、住友不動産㈱で18年、その後独立し、㈱AMT一級建築士事務所主宰、東京地裁民事調停委員、マンション管理組合理事長を20年継続中、瑕疵問題専門、
HP http://amt-happy.co.jp/index.html
資格:1級建築士・1級建築施工管理技士・宅地建物取引主任者・管理業務主任者・監理技術者・管理建築士

 

信州須坂 蔵造りの町家 [Kindle版]

価格:¥1,250(税込)
著者:岡崎格郎、玉水新吾
発売日:2014年11月1日

「信州須坂 蔵造りの町家」Webサイト
からFAX注文フォームで印刷版書籍をご購入いただくことも可能です。

■概要

信州の須坂市は、多くの蔵造りの町家がならぶ、モダンでロマン的な雰囲気を醸しだす、魅力いっぱいの街です。須坂市は、江戸時代、須坂藩の陣屋がある陣屋町でしたが、明治から大正期にかけて、製糸業で大きな発展をとげました。世界恐慌のあおりを受けて、製糸業は衰退しましたが、生糸の町として栄えた、往時をしのばせる町家が、数多く残っています。市内の主要な道路に沿って、蔵造りの店(みせ)と門があり、店の奥には、主屋(おもや、主人や家族がすむ住居)、土蔵、庭などがあります。

道に面した店は、木部を土壁で塗り込め、漆喰塗りや砂摺り仕上げとした防火構造の蔵造りです。2階の外観は、階高が低く小さな窓の近世的な外観の町家と、階高が高く大きな窓の近代的な外観の町家が混在しています。出し桁造り(だしげたつくり)で支えた三段蛇腹(じゃばら)と、大きな連続窓の近代的な外観からは、明治維新以降の明るく開放的な近代日本を感じます。

建物の向きは、屋根の棟が道と直交する妻入りの町家、屋根の棟が道と同じ向きの平入りの町家が混在していますが、気負いがなく、協調性のある美しいつくりです。各家の屋根がおりなすスカイラインと2階の軒裏・窓は、変化と調和がとれています。都会では久しく目にすることのなくなった懐かしくロマンにとんだ景観です。

多くの旅人が、須坂市を訪れ、蔵造り建築の魅力に浸り、近代の良き日本の町並みの雰囲気を感じて欲しいものです。いまは、旅人はそれほど多くなく、穴場的存在で、きっと安らぎを感じることと思います。須坂の町家をこれから紹介します。

 
■目次

はじめに
第1章
1.信州須坂の町並みへようこそ/2.須坂の町並みの特色/3.町家の敷地と建物の配置/4.須坂の近世的な町家と近代的な町家の外観/5.須坂の町家で良く見る/6.土蔵の防火装置(鞘屋根、鉢巻、扉、窓/7.土蔵の室内気候について/8.卯立(うだつ)/9.レベルの高い日本の左官技術、鏝絵
第2章
須坂の代表的な町家などのお勧め見学ルート
1.越家/2.須坂クラシック美術館(旧牧新七家)/3.須坂市蔵のまち観光交流センター・旧牧勇男家/4.三善牧家(みつよしまきけ、牧茂助邸)/5.下綿屋・小林家/6.須坂市ふれあい館まゆぐら(旧田尻製糸)/7.蔵のまちギャラリーぶらり館・牧家と丸山家/8.長谷川家/9.綿屋・小林家/10.田中家(長屋)/11.八幡屋金物店・荒井家/12.銀の風カノン/13.ハチミツ屋・鈴木家/14.八十二銀行・小田切家(東麹屋)土蔵/15.勝山たばこ店/16.丸山家/17.旧須坂商業銀行(猪瀬家・旧日滝銀行)/18.浦野酒店 浦野家(旧浦野製糸)/19.小布施家/20.宮本家/21.塩屋醸造・上原家/22.紺屋・中村家/23.旧上高井郡役所/24.田中本家博物館・田中家/25.升田屋たい焼き店・田中家/26.富士通迎賓館/27.田中時計店/28.田中生夫家/29.山岸ふとん店/30.田中下屋敷・田中家/31.今井金物金具店/32.梅本家/33.広田家(旧広田生糸)/34.神林家(旧神民製糸)/35.遠藤酒造場・遠藤家/36.須坂市ふれあい館・しらふじ(旧丸田医院)/37.ゲストハウス蔵・小田切家/38.蝶の民俗博物館・今井家/39.ふれあいサロン一休・神尾家/40.旧須坂藩西長屋(足軽長屋)/41.中島修一税理士・行政書士事務所/42.こづまや・樋口家/43.すざか食彩工房・よっと蔵い(旧升田屋製糸)/44.西田屋・渡辺家/45.山下薬局/46.酢屋信商店・神林家/47.高津屋商店・小布施家/48.蔵のギャラリー綿幸サロン・中野家/49.大和板金工業㈱・小田切家/50.牧 宏 家/51.小田切家(西麹屋)/52.宇治の園茶店・佐藤/53.山丸一番館(越寿三郎本宅)/54.高庄・高橋家/55.表千家茶道・高橋家/56.小田切三良家(すざか助け合い推進センター)/57.林屋鉄工所・小林家(鍛冶屋)/58.須坂昭和倉庫/59.高橋仁家(旧金二製糸)/60.カフェ&キッチン グラッセ・浦野家/61.住吉屋穀店・小林家/62.荒井家(旧信陽銀行)/63.日野出屋染工場/64.鮮魚はなおか・中玉家/65.大和屋酒店・青木家/66.青木屋(旧青木製糸所)青木小路/67.野本家
おわりに
参考文献
著者紹介

 
■著者紹介

岡崎格郎
1947年広島県生まれ
1971年名古屋工業大学建築学科卒業、1973年名古屋工業大学大学院修了。
1973年から2013年まで東レ建設㈱勤務、計画・設計・施工・リフォームおよび営業に従事。
近世・近代古建築および徳川家康の御大工中井大和守正清の研究などを趣味としています。
現在は関西一円で古建築などの見学会を開いています。1級建築士

玉水新吾
1953年京都市生まれ、名古屋工業大学建築学科卒業後、1976年から大手住宅メーカーにて、技術系の仕事全般を34年経験。現在は独立し、1級建築士事務所「ドクター住まい」主宰、大阪地裁民事調停委員、
HP:ドクター住まい http://doctor-sumai.com/
資格:1級建築士・1級建築施工管理技士・1級土木施工管理技士・1級造園施工管理技士・1級管工事施工管理技士・宅地建物取引主任者・インテリアプランナー・インテリアコーディネーター・コンクリート技士・第1種衛生管理者
著書:「現場で学ぶ住まいの雨仕舞い」・「建築主が納得する住まいづくり」・「写真マンガでわかる建築現場管理100ポイント」(以上 学芸出版社)、「DVD講座雨漏りを防ぐ」(日経BP社)



今月のメールマガジン
ビジネスに役立つ情報や、旬なIT情報 など、BizCan目線でお伝えします!
最新号立ち読み

メルマガ申し込み

Businessレポート
Bizcan会員企業紹介

Bizcan北信州だより


このサイトはビープラスシステムズ株式会社が運営しています。 BEEPLUS
会社概要無料相談サイトマッププライバシーポリシー
Copyright(C)BeePlus,INC. All Rights Reserved.